SSブログ
前の10件 | -

ミシュラン一つ星 [Hôtel]

本日の走行距離 272Km

 昨晩、夕食でBelfleurを訪れていたので、今日はこのままManche半島を離れます。

Feugeres.jpg

途中、Fougèresに寄り道。

13の尖塔をもつお城だそうです。そこでBretagneの歴史を少しだけかじって、Hôtel に向かいます。

今日の宿泊地はMont Saint Michelから車で30分ほどの街、Saint-Méloir-des-OndesにあるTirel GuerinというHôtel Restaurantです。

夕食までに時間があったので、InternetでCarteをチェック。Michelinの一つ星でした。

 


nice!(0)  コメント(1191)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

モネの日の出 [en voyage]

本日の走行距離 339Km

今日はManche半島の先端、 Cherbourgを目指します。

Ètretatから西へ、La Seineの英仏海峡への河口にpont de Normandieが架かっています。その東側にLe Havre, 西側にHonfleurが。Le Havreは大きなコンビナートを抱えている整備された港、Honfleurは寂れた漁港。そんなイメージでLe Havreに向かったのですが......

blog9.jpg

 コンビナートやクレーンがそびえ立つLe Havreの港は鏡のような水面がそれらを映し出し、煙突がクレーンに、小さな漁船が大型客船に代わっただけで、Monetの日の出を彷彿させてくれました。

Monetがここに佇んでいたことを思いながら、彼の作品が展示されているMusée d'Art Moderne André Malrauxの行列を眺めていました。

Pont de Normandieを渡り、対岸のHonfleurへ。

HonfleurにもMonetの作品が、オンフルールのセーヌの河口。 思いを馳せようとしても、丁度土曜日のMarchéに当たってしまいました。 

blog10.jpg 小さな村なので、あっという間に散策を終えられたものの、観光客の賑わいがLe Havreのコンクリートの静寂と対照的でした。 

小さな美しい村、 商業化されたおとぎの国のようなBeuvron-en-Augeで日本語の看板を書いてあげて、いよいよCherbrougに向かいます。

Manche半島の先端近く、 Brixの街中に今夜のお宿、Châteaux le Valが、途中で、案内を止めたTomtom君は諦めて、看板に従って車を走らせると小さなお城が!2年前に宿泊したSaumurのお城みたい。

お迎えはその時のようにシベリアンハスキーのLenat君?でもUnoとは違って、なかなか近づいてきてくれません。あちこち覗いていると、御主人が!案内されたお部屋はあちこちにガタが!トイレは手動?だし、Wifiは届いていもつながらないし、TVは全く映りません。やたらとDVDを勧められたのが、理解できました。

御主人に今夜の夕食を尋ねると、美しい村、Belfleurで食べられると。迷わず、その村に決定。車を走らせます。

blog12.jpg

 Belfleurも小さな漁港。到着すると結婚式を終えた車の隊列が。この時季結婚するカップルが多いのかなと思いながら、小さな漁港を散策し、ふたつしかないRestaurantのひとつに。温かい夕食にありつけました。

夕食を終えると辺りは真っ暗。街燈のない道をお城に戻って、何もないお部屋に。

夜中は栗の実の落ちる音と散歩するLenatの足音だけ、ぐっすりと眠ることができました。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Ètretat [Normandie]

本日の走行距離 37Km

Hôtelで朝食、昨日の披露宴の残骸とともに、いくつかのTableに白い花束が飾られています。

その席の一つに花婿と花嫁らしきカップルが! 昨夜の披露宴ではあまり食べられなかったのか、花嫁さんが食べる、食べる。何度も席を立って、パンを取りに行きます。 最後はAu revoir! Bon journée. で別れたのですが。

こちらも朝食を済まし、Ètretatの海岸へ、高い断崖の間にわずかな砂浜のビーチがちょこんと存在して、そのビーチが海水浴場になっています。 ただ、東西にそびえ立つ断崖が有名。

blog8.jpg

 Arsène Lupinの奇巌城(L'Aiguille creuse)の舞台です。 西の断崖Falaise d'avalに奇巌城があり、それを目的にみんなが崖を登っていきます。

断崖の上はGolf場、playしている人達を眺めていると、朝の新婚さんが......たぶん、どちらかの両親と一緒に!思わず、新郎を応援してしまいました。

東の断崖(Falaise d'amont)の上にはChapelleが、二人はきっとそこで式を挙げたんだなと思いながら、崖を降りて海岸へ、南仏のような日差しとはいえ、海は北の海。

Ètretatの街でCalvadosを購入して、東に車を走らせます。目的地はFécamp, 漁港のrestaurantを目指します。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

結婚式 [plus beau village]

本日の走行距離 140Km

RouenからÉtretatへ、途中で4つ目の美しい村、Le Bec Hellouinに寄ります。

RouenではMercure Rouen Centre Cathédraleに宿泊。 Wifiの速度も問題なく、机でBlogが書けて、Balconでタバコが吸えます。5階(日本で言う6階)からの眺めを選びましたが、2階は喫煙フロアー。

再び、Paulで朝御飯、近くの八百屋さんで、tomatoとmandarine, pêcheを手に入れて、美しい村へ。

blog7.jpg

 塔の鐘楼が鐘を鳴らして、迎えてくれました。 庭で栗拾いしながら、見学。いよいよ、Normandieの海に向かいます。

Normandieの海沿いの街、Étretatは東西の断崖に挟まれた砂浜の海水浴場、有名な避暑地だそうです。

海岸に出ることなく、Hôtelへ。 なんと、今日、結婚式が!夕食は奥のサロンに変更。少し手を抜いたかなって感じのmenuをいただきました。

前菜はFoie grasのcrème brûlée下にリンゴのペーストが、もう少し組み合わせは考えたほうが。

PlatはNormandieの牛肉、低温で湯煎されたのか、中までしっかりと火が入っているにも関わらず、柔らかく、肉の味が保たれていました。300g以上にも関わらず、ペロリ。

気候の関係なのでしょうね。Franceの北は牛さんの文化、南は羊さんの文化です。 Fromageにしても、食べるViandeにしても、北は牛乳のチーズに牛肉、南はchèvreのチーズにagneauの肉。

本当に北を旅していると羊が食べられそうにありません。 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Sidanerのバラの庭園 [plus beau village]

本日の走行距離 220Km

Rouenを最初の宿泊地に決めたのは、周囲に散在する美しい村を訪ねるため。

その一つ目がLyon la Forêt.

いくつものお城を従えた静かな村、そこで朝のCafé. Ravelが一時滞在していたお屋敷は坂の下に静かに佇んでいました。

二つ目はバラで有名なGerberoy. 

blog6.jpg

 村の庭園はお休みでしたが、奥のSidanerの庭園に入ることができました。 隣接する教会を取り込んで、Sidanerが描いた一枚が看板に。 この他にもあちこちに置かれていました。

今でもSidanerの子孫が住んでいるようで、一部はPrivéに。でも、甘い香りは途絶えることはありませんでした。

お腹が空いたので、村の外れの小さなRestaurantに。

しばらく前で悩んでいると、背中の曲がったお婆ちゃんが、Chefの格好をして出てきたので、 ここに決定。 もう、伝統としか言いようのないConfit de Canard を美味しくいただきました。

三つめは昨日、真っ暗の中辿り着いたLa Roche-Guyon.

数百段の階段を登り積めると塔の上に、そこからのLa Seineの姿は雄大。笑っている膝をごまかしながら、やっとの思いで下まで降りてRouenへ。

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

Rouen [Rouen]

 本日の走行距離 165Km 

 

CDGを4時半に出ると、最初の美しい村La Roche-Guyonに5時半には到着します。更に、フランスは今、夏時間。 すなわち、日本での4時半です。 辺りはすべて真っ暗、その中にお城が......La Seineからの霧にまみれて、幻想的な雰囲気。 外気は10℃以下、夜明け前を愉しむことなく、Rouenに向かいました。

ParisからRouenまでの高速道路はLa Seine沿い、セーヌ河から朝もやが流れ込みます。 朝焼けを右手に見ながら、Rouen入り、Parkingに車を置いて、街の散策、見つけました。 Chez Paul!

CroissantとCafé crèmeでpetit déjeuner。

美味しそうな八百屋さんも見つけ、Hôtelの位置も確認、Parkingから出て、HôtelまでTomtom君に従うと、途中で進入禁止が!でも、歩いていたおかげで、裏道を発見、無事に到着できました。 

この街は高い塔が多い街! 

blog4.jpg

Cathédrale, Eglis Ste. Jeanne d'Arc, Eglis St-Ouen, Eglis St-Maclou

それぞれが高さを競っています。

例年通り、Franceに入ってからの、旅の準備、

ワインに水、Nespressoのカプセル、歯ブラシ、衣類用の洗剤等々。

 夕食は近くのrestaurantで蝸牛と羊!

France旅の始まりです。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

手荷物検査場に気をつけて [準備]


初めてのことをしているからではないのでしょうが、のっけからトラブルが!
 
羽田の手荷物検査場、check-inを済まし、スーツケースを預け、手荷物検査場で航空券のチケットを渡し、金属探知機も無事通過、PCはちゃんと出したのに、カーナビやら、ルーターやらが気に食わなかったのか、再度レントゲンを通したいと! 係官が納得するまで、何度も出し入れして.......その間にやられました。チケット紛失!
 
すべての検査が終わって、荷物を整理していると、航空券のチケットがない。受け取って、籠に入れておいたんだけどと、係員に訴えても、ちゃんとバッグの中とか確認してくださいの1点張り! 何度確認しても出てきません。最初から、入れておいた籠がなくなっているといっても調べてくれず。今度はカバンの中身を全部出せと。仕方なく、言われるがまま全部出して見せて、チケットがないのを確認すると、何便ですかと、Air Franceなら、まだ時間がありますね.....だって!
あんた、知っているよね。それともチケット確認していないんだ。
 
私が入れておいた籠がなくなっていると、再度申し立てして、片付けた籠を全部確認してもらうと、出てきました、チケット。
挙句の果て、謝罪の言葉もなく、名前を確認されました。
丁度、空いている時期で、手荷物検査場も閑散としていたから、良かったものの、チケットが他の人に渡っていたらと、ぞーっとしました。
 

 

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

行ってきます。 [Air France]


今年もこの9月からFranceに旅立ちました。 NormandieからBretagne、France中部を周って、Picardieまで、Franceの北半分を愉しんできます。
 
これで4回目、ただ今年はこれまでと違うところがいくつか。
 
まず、 羽田就航便が増えたことで、Air FranceとJALとの共同運航便ができて、22時15分発のAir Franceでの出発に!
機体も乗務員もAir Franceですので、機内からすでにFrance語。1年半、サボっていたので、丁度いいかと。
恒例のchampagneで、無事の離陸をお祝いしていると、晩餐会の始まり。
amuse-gueule, hors-d'oeuvre, plat, les fromageにles dessertとしっかり順番に出てきます。
blog1.jpg
 
最後はcalvadosまで!
 
お腹いっぱいになって、目が覚めたら、機体はすでにヨーロッパでした。France時間の午前3時に着陸。
 
相変わらず、CDG空港の税関は素通り、 location de voitureについたのは4時前。まだ、開いていません。
 
そう、今回の初めて、CDGからレンタカーです。
Parisの北、Normandieから始まる旅行。
これまで、SNCFで移動して、駅で借りてたレンタカーをCDGで借ります。
返却はDisneyland Paris!、そこまで、楽しく、お付き合いくださいね。
 
 

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アランデュカス [Restaurant]


 
知らないということは幸せなことなのでしょう。
 
Balazuc、Roussillionと美しい村が続いて、
 
次はMoustiers-Sainte-Marie。
 
崖と崖の間に小さな星が掛かっている可愛い村です。
 
 
IMG_6975.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ルシオン色 [Roussillon]


初めてフランスを旅した一昨年から、
 
毎年宿泊している美しい村がRoussillionです。
 
夏のバカンス時期をずらした今年も観光客がいっぱい。
 
少しは静かかなという期待を見事に裏切ってくれました。
 
でも3年目となると、画材店の若夫婦も憶えていてくれて、
 
Bonjour!のあとに、Comment ça va?と聞いてくれます。
 
夜になると観光客もいなくなって、約束の満天の星。
 
のはずが、今年は満月。
 
ルシオン色の崖を照らしていました。
 
 
IMG_6828.jpg
 
 

nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。